☆イボが多い子のお手入れ☆

こんにちは❗️野田市ホームトリミングスクール講師の熊川です😊

今回は身体にイボがある子のお手入れについてお伝えしていきます😊

歳を重ねると、新陳代謝の低下や免疫力の低下でイボができやすくなってしまいます💦

老犬ちゃんでイボが出来てしまっている子は多いのではないでしょうか??

まずイボが出来てしまったら、いつ頃出来たのか、大きさの変化などを記録して一度獣医さんに見てもらいましょう。

そしてイボがある子のお家のケアとしては、やはり常に清潔な状態をキープしてあげることが大切です。

毎日ブラッシングをしてあげたり、定期的にシャンプーをしてあげて清潔にしてあげましょう!

また、ブラッシングやシャンプーの際に気をつけないといけない事が、イボを刺激しない事です。

そのために、まず愛犬ちゃんの身体のどこにイボがあるのかを把握する必要があります。

ドライヤーの冷風を当てて毛を分けてあげる事で、皮膚の状態を確認できます。一度隅々まで皮膚をみてあげて、イボの位置や大きさを記録しておきましょう。

そして、ブラッシングやシャンプーの際はなるべくイボのある部分を避けてブラッシングしてあげたり、優しく洗ってあげるようにしましょう。

ブラシの種類も、スリッカーブラシではなく、ピンブラシや獣毛ブラシ、コームなどを使い分けてあげると良いでしょう。

またトリミングに出して短くカットしてもらう事も、清潔感を保ったり、イボの把握には向いているので、トリマーさんと相談してカットしてあげるのもおすすめです😁✨🐶

関連記事

  1. ☆パピヨンのお手入れ☆

  2. ☆湯船に浸かっても大丈夫?☆

  3. ☆目やにのお手入れ方法☆

  4. ☆黒爪の子の爪切り☆

  5. ☆やめて!サイン〜ブラッシング編〜☆

  6. ☆おすすめお手入れ用品☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。