☆高齢犬のお手入れ☆

こんにちは❗️野田市ホームトリミングスクール講師の熊川です😊

今回は高齢になってきた愛犬ちゃんのお手入れについてお伝えします❗️

高齢になってきたから、お手入れや、シャンプーの回数を減らした方が負担にならなくていいんじゃない??

この様な疑問や質問をいただく事があります。

確かに高齢になってくると、ひとつひとつの事が負担になってきます。若い時は我慢が出来ていた事も我慢出来なくなり、嫌がったり逃げようとしたりする事が増えてきます。

なので、どうしても、お手入れやシャンプーの頻度が少なくなってしまう。。。

結果、爪が伸びすぎてしまったり、汚れがたまってしまったり、毛玉やもつれが出来てしまい、皮膚病の原因に繋がってしまったりの悪循環がおこってしまう。。。

高齢のわんちゃん達にこの様なケースが増えているように感じます。。。

実は、高齢のわんちゃんにこそ、清潔な状態を保てるように、普段からのお手入れはとても重要です。

お散歩に行かなくなれば爪も伸びっぱなしになります。ブラッシングをしなければ汚れやすくなります。また毛玉やもつれになります。

シャンプーは確かに高齢のわんちゃんにとってとても体力を使い疲れてしまうので、短時間で洗ってあげる必要があります。

その為には日頃から、汚れないように、ブラッシングをしてあげたり、汚れやすいところの毛を短くしてあげるなどして汚れないようにしてあげる事がとても大切です。

もちろん、ブラッシングにしても爪切りにしても同じで、若い頃のように長い時間我慢している事が難しいので短時間で終わらせてあげるようにします。

爪は全部を一気に切らず片足ずつ切ってあげて、1週間かけて全部の爪を切ってあげる。

ブラッシングも汚れやすい部分を中心に1週間かけて全身をブラッシングしてあげる。

つまり、お手入れの頻度は増やしつつ1回の時間を短くしてあげて、常に綺麗な状態を保てるようにしてあげる事が高齢のわんちゃん達の負担を減らす事につながるんです😊

高齢になった愛犬ちゃんにこそ、愛情たっぷりにお手入れをしてあげてください❗️

ホームトリミングスクールでは、高齢のわんちゃん達、そして愛犬ちゃんが高齢になった時のために出来るお手入れの方法をアドバイスさせていただきます。

ご利用お待ちしてます😊✨🐶

関連記事

  1. ☆季節外れの抜け毛の原因☆

  2. ☆耳の役割☆

  3. ☆講習会☆

  4. ☆お家で爪切り成功のポイント☆

  5. ☆ありがとうございました!☆

  6. ☆飼い主さんの気持ちも大切☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。